店舗設計・店舗デザイン専門サイト:HOME

EVENT

イベントブース

デザイン~内装工事をワンストップ対応

私たちが選ばれる

4つの理由

【お客様のよき相談相手!】をモットーに、イベントや店舗内装の企画、デザイン、設計、施工、設営までトータルで対応できる企業、それが大昌工芸です。
常にお客様目線で提案を行い、理想のイベントブースを実現できるよう要望に応えて参ります。

1

お客様のよき相談相手に。

店舗コンセプト構想~引渡しまで
ワンストップで対応。

2

多種多様なノウハウ。

どんな業態・店舗・施設も実績あり。

3

あなたの想いと願いを実現したい。

想像以上のデザイン・設計をご提案。

4

創った後も安心と信頼をお届けしたい。

全国対応のアフターフォロー。

設計・施工の流れ

出店地候補探しからイベントブースの内装コンセプト提案、デザイン、施工までをワンストップで幅広く提案いたします。施工までの流れは至ってシンプルに。
弊社では丁寧なヒアリングを行うことで、手間なく開業までのトータルサポートをご提供いたします。

  1. STEP 01

    ヒアリング
    現地調査

  2. STEP 02

    レイアウトや
    イメージプラン
    の提案

  3. STEP 03

    予算調整

  4. STEP 04

    図面・
    サンプルの決定

  5. STEP 05

    見積・契約

  6. STEP 06

    発注~着工
    ~竣工

  7. STEP 07

    OPEN‼

  8. STEP 08

    アフター
    フォロー

店舗運営まで徹底サポートできる

ノウハウ

【お客様のよき相談相手!】の大昌工芸では、施工だけではなくイベントブースにまつわる様々なお悩みもサポートしています。
その内容は店舗コンセプト構築、店内レイアウト、売上UPの為のご提案まで様々。
ここではその一端を公開しています。

お気軽にご相談ください

お見積り無料

各種お問い合わせ・ご相談は、こちらのフォームで受付けております。
下記フォームにご入力のうえ、お問い合わせください。

※このページは個人情報保護のため、SSL(Secure Socket Layer)暗号化通信に対応しています。

お客様情報の入力

会社名
部署名・役職名
お名前
お名前(フリガナ)
セイ メイ
メールアドレス
住所
電話番号
FAX
URL
お問い合わせ内容・ご要望等

【個人情報について】
お預かりした個人情報は、弊社「個人情報保護方針」に基づき厳重に取り扱い、利用させて頂いております。
フォームをご利用いただく前に「個人情報保護方針」をご確認ください。必要事項を入力後、内容をご確認の上「同意して次へ進む」をクリックしてください。

ブースの設計、デザインを成功させるポイントとは?

ブースの運営をして、集客を伸ばすことを考える前にまず検討すべきことがあります。
それは「ブースの設計、デザイン」が本当に最適なものになっているかどうかということです。
いくらブース運営の計画が素晴らしいものであっても、「ブースの設計、デザイン」が最適でなければ、ブース集客で大きな成功を収めることは難しいといえます。そこで、 「ブースの設計、デザイン」において、下の3つのポイントを押さえているか確認していきましょう。

 

(1)ブースの設計、デザインにおけるコンセプトが明確かどうか
どのような客層を集め、自社サービス若しくは製品をアピールするか、ブース内をどのように周回させるか、そして最後にどのように商談に持っていけるかをイメージした設計、デザインが非常に重要になってきます。
ブース設計、デザインのコンセプトによって上記の要素を満たした設計、デザインを行わなければブース出展の効果が100%発揮できません。
そのためにもブース設計、デザインコンセプト決めは非常に重要であり、しっかりとイメージとのすり合わせが必要です。
(2) ブースを設計、デザインする上での動線の考え方
コンセプトを決定した後は実際にブース内の動線を設計していく必要があります。
ブースには各所に見て貰い易いコーナー、興味がありブース内に立ち寄っていただき自社サービス若しくは製品をより詳しく見てもらえるコーナーのメリハリが必要です。
合わせて、当日説明する際のスタッフの動線や説明コーナーなどの設置も計画していきましょう。動線が狭いために、お客様に説明をしているとその辺りの人の往来が出来なくなるような動線ではせっかく興味を持っていただいた来場者の方に自社サービス若しくは製品の訴求が一切出来ないことになってしまいます。大勢の方に見て戴きたい、触っていただきたいという場合は大きなスペースをあえて1つのコーナーとして確立し、動線確保にもしっかり意識を向けて設計、デザインを行っていきましょう。
(3) ブースが出展イベント(催事出展)の開催意図と合っているか
ブースコンセプト、ブース内動線をしっかりと押さえることも重要なのですが、自社ブースが周りのブースに比べどれだけ入って来て貰い易いか、見て貰い易いかここが一番重要な要素かと思います。
但し、目立ちたいからと言ってイベントの主旨や催事での取扱いをする商品から逸脱した設計、デザインではそもそも来場者の求めているものと違ってしまっている場合がありますので要注意です。独創的なデザインや個性的な展示方法は集客に効果的になる一方で来場者から自社サービス若しくは製品の理解を得られないかもしれないという側面もあります。バランスを見て目立たせたいポイントに対して独創的なデザインを施し、効果的に自社サービス若しくは製品を訴求し集客効果をUPさせていきましょう。
まとめ
ブースの設計・デザインを検討されている方は、成功するブース運営をするために、上記のような3つのポイントをブースの設計、デザインの段階から取り入れ確認してみてください。

施工実績集

大昌工芸がこれまで手掛けた店舗設計・デザインの
施工実績をご紹介します。

お問い合わせ

お問い合わせ・お見積り・
設計のご相談等、
何でもお気軽にご相談ください。

082-299-0920

受付時間:月曜〜金曜 9:00−18:00

×