店舗設計・店舗デザイン専門サイト:HOME

WORKS2017年、銀座の中心にGINZA SIX が誕生。

GINZA SIX てんぷら山の上 施工

飲食店

檜の天板カウンター提案により施主の要望に応えることが受注の重要なポイントになりました。施主から妥協できない点としてカウンター天板そして、見えない部分ではありますが、給排気設備と排水設備は譲れない点でした。

店舗設計・デザイン時のポイント

ドリンクカウンター

傘天井はオーク材で染色CL仕上げ、デザイン性の高いオリジナル組子欄間は千本格子と七宝欄間を設置、カウンターTOPにクリ無垢材を使用しました。

メインカウンター席

L型メインカウンターは樹齢300年、南アルプスで伐採した原木から取り、1枚物から加工しています。

檜の冷蔵庫

本店創業時より食材鮮度に欠かせないこだわりの冷蔵庫。檜の建具を不燃処理して作製。

VIPカウンター席

VIPカウンター天板には吉野で伐採した檜無垢材を使用し、壁面は石モルタル造形エイジング仕上げ。

個室

テーブルはウォールナット材、クサビ脚、テーブルとイスは全て桜製作所。

客席

客席の天井壁は左官特注仕様に漆喰金鏝仕上げ。

関連するノウハウ

飲食店の店舗設計、店舗デザインを成功させるポイントとは?

飲食店の店舗運営をして、売上を伸ばすことを考える前にまず検討すべきことがあります。
それは「 飲食店の店舗設計、店舗デザイン」が本当に最適なものになっているかどうかということです。
いくら店舗運営の計画が素晴らしいものであっても、「 飲食店の店舗設計、店舗デザイン」が最適でなければ、店舗運営で大きな成功を収めることは難しいといえます。そこで、 「 飲食店の店舗設計、店舗デザイン」において、下の3つのポイントを抑えているか確認していきましょう。

 

(1) 飲食店の店舗設計、店舗デザインにおけるコンセプトが明確かどうか
どのようなお客様にどのようなサービス、どのような価格で、どのような時間を過ごしているかどうかまで、具体的にイメージを明確にします。その上で、店舗設計会社様、店舗デザイン会社様に相談します。
飲食店の店舗設計・店舗デザインのコンセプトが明確でなければ、実際の店舗に隔たりができてしまいます。明確にした上で、しっかりとイメージをすり合わせながら、 飲食店の店舗設計、店舗デザインを進めていきましょう。
(2) 飲食店の店舗設計、店舗デザインを使用する上での機能性はどうか
店舗運営を成功させるポイントとして、従業員の皆様が働きやすい作りになっているかどうかということはとても重要です。また、従業員が働きやすい環境を作ることは、ただ、生産性を上げることにとどまらず、回転率にも影響します。例えば、在庫管理もしやすく無駄の少ない環境であれば、生産性が上がるだけでなく、回転率も上げることも想像に難なくないでしょう。いかに最初の段階で、飲食店の店舗設計、店舗デザインを考えることができるかを確認していきましょう。
(3) 飲食店の周辺状況と雰囲気が合っているか
飲食店の店舗設計・店舗デザインが独創性があればあるほど、注目を集めるといえるでしょう。
しかし、あまりに周辺状況とギャップがある飲食店の店舗設計・店舗デザインになっていないか考えなければいけません。例えば、繁華街の中に落ち着いた雰囲気のカフェの店舗設計・店舗デザインであること、などは初めのうちは目立つかもしれません。しかし、繫華街であれば、繫華街に目的を持った人が訪れます。
落ち着いた雰囲気のカフェに目的を持って訪れる人は多くないかもしれません。つまり、飲食店の店舗設計・店舗デザインは店舗運営を考える前に検討しなければいけないポイントです。
まとめ
飲食店の店舗設計・店舗デザインを検討されている方は、成功する店舗運営を実施するために、上記のような3つのポイントを飲食店の店舗設計、店舗デザインの段階から確認してみてください。

大昌工芸の特徴

  • 当社の考え方

    • 様々な実績で顧客のよき相談相手に。
    • 構想から引渡しまでワンストップの対応を。
  • 多種多様な実績

    • カテゴリーにとらわれない空間、演出の創造。
    • 集客力のあるイベントの構想、提案。
  • デザイン・設計力

    • 柔軟な発想力であなたのイメージを実現させます。
    • 運営効率を最大限に。なおかつ安心・安全な設計を。
  • 施工・アフター対応

    • 主要都市に拠点を構えて全国対応。
    • 独自ノウハウでスピード施工、誠実なアフター対応。

お問い合わせ

お問い合わせ・お見積り・
設計のご相談等、
何でもお気軽にご相談ください。

082-299-0920

受付時間:月曜〜金曜 9:00−18:00

×